副作用は何があるのか|フィンペシアよりも効果の高い!?AGAの治療薬ならザガーロ

副作用は何があるのか

数種類の薬

ザガーロに含まれている有効成分であるデュタステリドは、男性ホルモンに作用する効果があるので、副作用はフィンペシアなどの他のAGA治療薬と比べるとやや多めになります。
そのため上限は1日1錠までと決められており、たくさん飲んだからといって効果がさらに高まるわけではないので用法用量を守って服用するようにしましょう。

ザガーロで報告されている副作用は勃起不全、射精障害、倦怠感、腹部不快感、頭痛、肝機能障害、発疹などがあります。
女性がザガーロを服用することは禁止されており、妊娠中の女性は触れることも禁止されているようです。
これにはちゃんとした理由があり、妊娠中の女性がザガーロを服用したり、触れることで経皮吸収してしまうと胎児の外性器の正常発育に影響を及ぼす恐れがあるためです。
触れてはいけないのはプロペシアに含まれているフィナステリドでも同じです。
経皮的な吸収の程度が明らかではなく、その結果生じる胎児及び乳児への危険性を否定できないので、妊娠中の女性はザガーロを服用したり触ったりしてはいけないのです。
やや神経質すぎるのでは?と思うかもしれませんが、将来生まれてくる子供のことを考えると、慎重になりすぎるくらいで丁度いいでしょう。
もし触れてしまった場合は、すぐに触れた箇所を石鹸と水で洗い流す必要があるので、妊娠中の女性が近くにいる場合は保管場所には気を付けましょう。
また、服用中のパートナーとの性行為にも注意が必要だという意見もあるようです。

ザガーロに限らず、AGAの治療薬を使うときは必ず専門の医師に相談し、慎重に薬を服用しましょう。
通販で手に入れた場合は処方箋がなく、何かあった場合は医師の保証を受けることができないので事前に相談することはとても大切だといえるでしょう。